NEWS LOCATIONS MAINTENANCE
BLOG ABOUT US AGING
CONTACT US  

 


- AGING OF SHOES -

CORDOVAN SERIES (手染めコードバン)

通常コードバンは馬革の最も丈夫なお尻の部分を加工(グレージング)して作られます。
このグレージングという作業で艶を出すのですが、MOTOのコードバンはあえてこの作業を省き、
素上げのままオイルの調整を行うことで、手染めの雰囲気も良く、マットな質感に仕上がっています。
メンテナンスを繰り返すことでツヤを上げていき、自分だけの1足に仕上がっていく楽しみを感じていただけます。

 


CHROMEXCEL SERIES (クロムエクセル)

MOTOの定番レザーの1つ、ホーウィン社のクロムエクセルは、履くほどに革の特徴を存分に味わえると思います。
アメリカならではの迫力ある表情とたっぷりと含んだオイル分が革の中で動くことによって色の濃淡が現れます。
水にも強く、そのタフさは登山用のブーツにも使用される程です。
ナチュラルはオイル分のプールアップ感が最もわかりやすく、経年変化も抜群です。
ブラックは同じなめし方ですが、トップが顔料仕上げになっています。
ヴィンテージのエンジニアブーツに見られるような、履くほどに顔料が薄れ、革本来の茶芯が現れてきます。

   

 


HAND-DYED SERIES (手染め)

100%ベジタブルタンニンなめしの牛革を様々な濃度の染料を手染めで重ねることにより、
1つの色味でも奥行きのある色彩表現が可能になります。
1つ1つ手染めでしか表現できない独特のムラ感は、
MOTOの自由な感覚とヨーロッパで培われた色彩表現が融合した結果です。
そして、この手染め仕上げは単に技術がある職人でもできません。感覚とセンスがとても重要な作業です。
染めた後にバフを掛けて表面に光沢を出していきます。
革本来の変化と手染めならではのムラ感が合わさり、
他とは決して比べることのできない風格あるエイジングが魅力的なシリーズです。

   

 


NATURAL TANNED SERIES (ヌメ革)

MOTOではできるだけナチュラルな状態のヌメ革を選んでいます。
だからと言って、何もしてない革という意味ではありません。
表面上は分からなくても、革の繊維構造を理解し、
硬さ柔らかさ、オイルの配合など細かく調整していきます。
素材の適性を見定め、的確に使用する。
元々自然の素材なので、個体差が激しい。
それらをナチュラルに使うということは大変手間と知識のいる作業になります。
ナチュラル風に加工することは簡単です。ただ、それでは使用後の魅力は全く異なります。